私のオリジナル健康法

毎日「8000歩・早歩き」やってみました

 私が健康のために心掛けていること、それは毎日8000歩を目標に早歩きすることです。といっても、「8000歩・早歩き」を始めたのは今年に入ってからで、かれこれ半年ぐらい経過しました。
 きっかけは、新型コロナウイルスのパンデミックによる自粛生活です。家にいることが多くなり、何気なく乗った体重計、その体内年齢という項目が、実年齢+10歳。私にとっては、かなり悲劇的な結果です。ちなみに夫の体内年齢は実年齢-15歳。同い年同士で結婚した私たちですが、体内年齢は私の方がかなり年上だったんです。落ち込みました。なんで今まで気が付かなかったのか?それまで、どちらかというと、体を動かすことが嫌いで、趣味は本・ドラマ・音楽と、かなりインドア派、今でもインドア派には違いないのですが・・・。
 このままボヤボヤしている訳にはいきません。このままなら、5年後もっと酷いことになるのは目に見えています。そこで、改善策を考えた結果、早歩きなら私にもできる!と毎日「8000歩・早歩き」を心掛け、実行することにしました。これが思っていたよりも楽しい。心に余裕が生まれました。
 私の場合、8000歩を、なるべく早歩きで、1時間~1時間30分ぐらいのコースです。音楽を聴きながら、考え事をしながら、周りの景色を楽しみながら、今までにない経験です。ときにはコースを変えてみたりして。コロナ渦なので、マスクをして、人との距離を置いての行動ですが、煩わしいことは一切なく、心の重荷がとれていくようで、スッキリするのです。
 問題の体内年齢の方は、体重減と筋肉量の増加で実年齢+6歳まで改善しました。早歩きをして、汗を流した結果、たくさん食べたい!という気持ちが不思議とわいてこないのです。この効果が一番大きいのではないでしょうか。
 余談ですが、時々、夫も私の「8000歩・早歩き」に付き合ってくれます。歩くペースが夫の方が早いので、連絡はそれぞれ携帯電話のSNSで取り合います。ある日、夫からのSNSで、“〇〇を通過した”という意味で「すぎたよ」と、ひらがなで連絡が来ました。目の悪い私は「すきだよ」と不覚にも勘違い・・・。一瞬、25年近く一緒にいるのに、なにをいまさら!とポッとしてしまいました。恥ずかしい限りです。まぁ、こんな嬉しい勘違いも「8000歩・早歩き」のお蔭、ということでしょう。
 約半年間、健康のために「8000歩・早歩き」をやってみて、途中で断念することもなく習慣化できたことが、私の一番の収穫です。大げさに言ってしまうと、何か1つ健康に良いことを続けることで、未来が変わる気がします。行動するって、大事なことですね。本当に良かったです。