市販の水素水のデメリットを解決する選び方

抗酸化作用があることから、美容や健康にプラスの効果が期待できるという水素。そして水素を日常的に摂取できることから人気なのが、水素を水に溶かした「水素水」です。この「水素水」を摂取することで、疲労回復やダイエットへの効果、美肌などの美容効果、運動におけるパフォーマンス向上効果などが得られると期待されています。

一口に「水素水」といってもその製品のタイプは実に様々ですが、大きく分けると3タイプに分かれます。1つ目は家庭で機器を使用して、水素を生成するタイプ。例えばサーバーを購入もしくはレンタルするウォーターサーバータイプは、一般のウォーターサーバーと同様に利用でき、冷水だけでなく温水もあるが人気のポイント。ただし価格的には高価な傾向があります。また水道に直結した浄水器タイプもありますが、これもやや高価な傾向。さらに、給水用のタンクの中に水を注いで水素水を生成する給水式のサーバーもあります。2つ目は携帯スティックやカートリッジを使用するタイプ。水にスティックやカートリッジを入れることで、水素水を作り出すことができます。そして3つ目は市販のタイプ。ペットボトルやアルミ缶、アルミパウチなどの容器に既に水素水が充填されている商品です。

私自身が利用しているのは、3つ目の市販のタイプ。私が感じている市販の水素水のメリットとデメリットはいくつかありますが、一番のメリットは、何と言っても手軽に手に入れることができて好きなタイミングで摂取できること。最近ではコンビニやドラッグストア、さらにスーパーなどで簡単に購入することが可能になりました。コンパクトなので、持ち運びにも便利です。一方デメリットは、水素の濃度が低かったり抜けやすいということ。商品の中にどのくらいの水素が溶け込んでいるかはまちまちなので、私は水素濃度が1.6ppmの数値にできるだけ近いものを選ぶようにしています。さらに容器はアルミパウチのもの。やや高価になりますが、アルミパウチは長期保存にも向いている上、一度開封した後でも再密封すると水素濃度を維持することができるからです。市販の水素水のデメリットを解決すべく、濃度と容器に配慮して水素水を選び、毎日の生活の中に水素水を取り入れています。